高橋雅子

高橋雅子さん

パン教室 『わいんのある12ヶ月』主宰
ベーグルショップ『tecona bagelworks』主宰
3/20東京駅Keiyo Streetに『tecona pantry』をオープン!

著書に「自家製酵母のパン教室」出版(パルコ出版)
少しのイーストでゆっくり発酵パン」出版(パルコ出版)
ゆっくり発酵カンパーニュ」出版(パルコ出版)など多数



●「新玉ねぎのスープ」レシピを書いた日のBlog
●「春キャベツの浅漬け風サラダ、レッドカレーキーマごはん」レシピを書いた日のBlog
●「大学ラスク、おつまみラスク」レシピを書いた日のBlog
●「お手軽 ナン」レシピを書いた日のBlog

材料節約 新玉ねぎのスープ

高橋雅子 ナン

材料

  • 新玉ねぎ 3個
  • 水 約500cc
  • コンソメキューブ 1個(出汁昆布にかえることもあります)
  • ローリエ 1枚
  • 塩・こしょう

作り方

新玉ねぎは両はじを切り落とし、皮をむく。
小さい鍋に玉ねぎ、かぶる程度の水を入れて、コンソメ1個、ローリエを入れて弱火で1時間。
最後に塩コショウで調味(息子はここにパルミジャーノレッジャーノを。) 完成!

pagetop

節電 春キャベツの浅漬け風サラダ、レッドカレーキーマごはん

高橋雅子 春キャベツの浅漬け風サラダ

高橋雅子 レッドカレーキーマごはん

材料

春キャベツの浅漬け風サラダ

  • キャベツの葉 3枚くらい
  • シソ 4~5枚
  • みょうが 1本
  • 塩 適宜
  • 千鳥酢 適宜
  • 白煎りゴマ 大1(あらめにすっておく)

レッドカレーキーマごはん

  • 豚のひき肉 200g
  • にんにく 1片
  • 玉ねぎ 1/2個
  • パプリカ 1/2個
  • レッドカレーペースト 大1
  • 砂糖 小1
  • ナンプラー 小1~小2
  • ココナツミルクパウダー 大1
  • 春キャベツ 1~2枚
  • ミディトマト 1個
  • グリーンピース 適宜

作り方

春キャベツの浅漬け風サラダ

キャベツは太めの千切り(ざく切り?)
きゅうりは少々厚めの輪切り
シソは千切り
みょうがは輪切り

これをボウルに入れて塩(小1/2くらい)を入れ、ざっとかきまぜる
10分くらいおく
最後にしぼって千鳥酢を小1くらいあわせて、さいごにゴマをざっとからめる

焼肉は最近、マイブームの煎酒(ディーン&デルーカで購入)とゆずこしょうで。
和風な感じに。


レッドカレーキーマごはん

レッドカレーキーマはご飯じゃなくておうどんにも合います。 そして、サラダの上にかけても。

  1. にんにく あらみじん
    玉ねぎ あらみじん
    パプリカ 1cm角 に切る
  2. グリーンピースと春キャベツを茹でる(キャベツはさっと茹で程度)
    トマトはくし切りにしておく
  3. フライパンにサラダオイル適宜(分量外)を入れ温める
    にんにくを炒め香りがしてきたら、玉ねぎとパプリカを炒め2~3分炒めて
    そこにレッドカレーペーストを入れさらに2~3分炒める
    そこにひき肉を入れて炒める
    ひき肉に火が通ったら、お砂糖を入れて、ナンプラーも入れさらに1~2分炒めて
    ココナツミルクパウダーを入れ全体に絡ませたら火をとめる。
  4. お皿にご飯を盛り、その上にキャベツとトマトをおき、3も盛る。グリーンピースを散らす。

pagetop

節電 大学ラスク、おつまみラスク

高橋雅子 大学ラスク

高橋雅子 大学ラスク

材料

大学ラスク

  • ベーグル1個分
  • 砂糖 大3
  • 水 小1
  • お醤油 小1/2くらい
  • バター 10g~15g

おつまみラスク

  • ベーグル1個分は手で小さくちぎっておく。
  • くるみ(ローストする必要はもちろんなし。ほかのナッツでももちろん大丈夫) 5~6個 小さくくだく
  • オリーブオイル 大1
  • (にんにく  あってもなくても)つぶしておく
  • チーズ(私はパルミジャーノがあったのでそれ。ほかには粉チーズやピザ用のチーズなんかでも)
  • 塩こしょう

作り方

大学ラスク

作っても、買ってもあまったパン。 これ冷凍せずにおやつやおつまみにしてみませんか?
私はテコナのむぎゅむぎゅ五穀ベーグルでつくりました。

ベーグルは固いから切るのが逆にラクチン。 パン切りじゃなくて普通の切れ味のいい包丁できるとかなり薄くスライスできます。 本日は半分をうすくスライス。 半分は小さめに手でちぎりました。

でも、半分のレシピはちょと・・なので、1個分 今回はベーグル使いましたが、食パンなど。なんでも。

特にうすくきったベーグルはできるだけ重ならないように広げ、2日くらいそのまま放置して乾燥させれば完成です。 五穀生地なので和風をイメージしました(食パンでももちろんあいますよ)。

テフロンのフライパンに砂糖と水、お醤油をいれて加熱、そのまま半量くらいまで煮詰める バターをいれたらそこに乾かしたベーグルチップをひとまぜ。 2~3分炒る。 そのまま、バットなどに広げておく。 冷めると少し硬くなります。


おつまみラスク

おつまみラスクは、レシピらしいレシピがない、とにかく目分量、笑。

フライパンにオリーブオイルとにんにくをいれ火にかける。
いい香りがしてきたら、ベーグルとクルミを入れる。
2~3分炒る。
チーズを入れて絡める。
塩こしょうで味をととのえる。

これは、サラダにクルトンがわりに混ぜても美味しい。

是非是非、作ってみてください。

pagetop

節電 お手軽 ナン

高橋雅子 ナン

材料

  • 強力粉(スーパーで売っているもので十分) 250g
  • インスタントドライイースト(スーパーに売ってます) 小さじ1/2
  • 砂糖 20g
  • 塩 4g
  • 水 120g
  • 牛乳 60g
  • オリーブオイル 12g

作り方

ナンは手軽に作れるパン。
おおざっぱな計量で十分。
イーストは小さじ1量ってから、紙の上などにだし、目分量で半分くらいにすれば大丈夫。
水と牛乳は計量カップでおおよそ180ccでも。
オリーブオイルはおおさじ1くらいで。

混ぜるのは、HBで捏ねまでやっても。
HBがなくても、大きなボウルでひとまとめ
ざっと混ざったら、厚手のビニール袋へ。
15分くらいそのまま、放置。
その後、ビニール袋(ビニール袋は口をあけっぱなしで)
の上から手でぐにぐに混ぜてみてください。
粉っぽいところがなければできあがり。
3分くらいで十分。
お子さんも楽しくつくれると思います。

口をしばって、30分くらい室温に放置。
冷蔵庫に1晩放り込んでおく。

翌日、出した生地。

ふくらんだかな??とかあまり気にせず。
ちゃんと冷蔵庫で発酵しています。

6個に分割(包丁で切れば十分です)
丸めて。濡れブキンをかけて15分くらいおく。
(その間にカレーを温めたりしてね)
15分たったら、手でぺたぺた伸ばす。
手にくっついちゃうようだったら、小麦粉を手につけて。
私は、インド料理屋さんのように手でペタペタ派手な音をたててつくってみました。 手がちょっと痛かった・・・・

さて。ここから。
実は、金町のよく行くカレー屋さんに電話で 作り方を聞く(半分くらい何言ってるかわからにゃい~、笑)。
なるほど。
ヒントがいっぱいでした。

テフロンのフライパンを強火で熱する。
そこに、生地をじゅっと。
蓋をして2分。
目安は、水分がでてきたようなじゅじゅっという音がします。
それが裏返すポイントのよう。
そしてまた、2分。
蓋をしてまたまた、水分がでてきたような音がします。
そこで終了。ちょっと焦げたかも。
っていうにおい、笑。でもそれくらいが◎みたい。
強火で調理しているので必ず、火から離れないように。
とりあえず、じゅじゅっという音がわからなかったら
2分で区切ってくださいね。
(このナン生地、ピザ生地にもなりますよ。同じように焼いてサラダピザとかいかがでしょうか?)

pagetop

東北太平洋沖地震 募金