大下ひかる

大下ひかるさん

東京深川(門前仲町)にて和食中心の料理教室「Hikaru Private Cooking Class」を主宰。 「自分が行きたいお料理教室」を目標に、簡単なおもてなし料理をご紹介している。

●レシピを書いた日のBlog

材料 水だし、鯛茶漬け

大下ひかる


大下ひかる

材料

水だし

  • 昆布  15~20g
  • 鰹節  30g
  • 水   1リットル

鯛茶漬け

  • 鯛のお刺身
  • ごはん
  • 三つ葉
  • ------------------------------------- タレ -------------------

  • みりん      大さじ1(レンジで沸騰させる)
  • しょうゆ     大さじ1.5
  • 白すりごま(美味しいもの) 大さじ2
  • ------------------------------------- おだし -------------------

  • おだし 4カップ
  • 塩   小さじ1

作り方

水だし:昆布と鰹節をお水につけてひと晩冷蔵庫に置くだけ。

鯛茶漬け

  1. タレの材料をまぜあわせる
  2. gnas 大下ひかる

  3. お刺身をこのタレにからめたら、すぐに温かいごはんにのっけます。
    あとはここへほんのちょっと塩味をつけたおだしをかけます。
  4. 熱々のおだしをかけたら、三つ葉とわさびを添えて急いで召し上がれ♪
    ごはんは軽め、おだしはたっぷりが美味しいですよ。

鯛茶漬けではおだしではなくほうじ茶をかける場合が多いようですが、私は「おだし」の方が好きでいつもこの作り方です。
すりごまを少し減らしてその分練りごまを入れるとぐぐーっと濃厚になるのでお好みでお試しください。

pagetop

東北太平洋沖地震 募金