• フォントサイズを大きくする
  • デフォルトフォントサイズ
  • フォントサイズを小さく

Backe 分室 no.605 晶子先生 「本が並ぶ空間へ」

Backe 晶子さん 東京 上野の『Backe 分室 no.605』オーナー 晶子さんは、パンやお菓子、料理などの教室を主宰しています。
また同時に茨城県取手市にある完全予約制カフェ『Backe』のオーナーさんでもあります。
センセイとカフェオーナーの顔を持つ晶子さんは、前回「休日のおたのしみ・カフェめぐり」を紹介してくださいましたが、さて2つめの「楽しみ」は・・・?

Mes joies quotiddiennes

森岡書店 昔から本が大好きな私は本自体はモチロン、「本が並ぶ空間」が好きです。

今でも3日に1度は本屋さんに行かないと落ちつかないし、
 時間ができれば街の図書館に足を運び、何時間もいりびたってます。

整然と並んだ本たちが作り出す凛とした空気感、その独特な
雰囲気の中、「今日のお気に入り」を見つけるワクワク感。たまりません~。(笑)

身近な書店や地元の図書館もいいけれど、特別な1日は
電車に乗って、東京のど真ん中、茅場町にある「森岡書店」さんへ。
オーナーさんがセレクトした、センスの良い古本たちだけが
並ぶ空間はそこに立つだけで背筋がシャンとします。

森岡書店普段は仕事柄、料理本を手に取ることが多い私もこの場所では
全く違うジャンルのものにも自然に手が伸び、新たな発見に心とき
めきます。

何もわからずページをひらいても、ガッカリすることがないのは
オーナーさんのこだわりが強いから。
「本が大好き」なオーナーさんとのおしゃべりからもたくさんのパワーを
いだだきに、せっせと足を運ぶのが私の「おたのしみ」
私の特別な場所です。

●森岡書店
http://www.moriokashoten.com/
Backe 晶子
 

ログイン