• フォントサイズを大きくする
  • デフォルトフォントサイズ
  • フォントサイズを小さく

着縁 小田嶋舞先生 「舞う」

着縁 小田嶋舞さん 下北沢駅のほど近く、路地の行き止まりにあるアパートの2階にアンティーク着物ショップ『着縁』はあります。
昭和初期の懐かしい雰囲気が漂う店内には、オーナーの 小田嶋 舞さんがこだわってセレクトした様々な年代・地域の着物や帯、下駄、小物が並び、ついつい何時間も長居をしてしまいそう。
ショップで開催している着付け教室は、2日間で着付けをマスターできるというからびっくり。

そんな『着縁』の小田嶋さんは、着物ショップのオーナーさんらしい和のお稽古事を楽しまれているそうです。
早速、お話を伺ってみましょう!

Mes joies quotiddiennes

着縁 小田嶋舞さん 地唄舞 「着縁」を始める少し前から地唄舞(じうたまい)という京都のお座敷舞をしています。

舞を始めるきっかけはその奥深さに魅了されたことも勿論ですが、私の名前が「舞」だから、という理由もあります。

日本舞踊と大きくさす言葉がありますが、「舞」と「踊り」は別のもの。

二つの違いを簡単に説明すると、舞はお能の流れからくるもので、踊りは歌舞伎の流れからくるもの。

お能の歴史は古く、元々あった舞を江戸時代、斬新に考案され、庶民も楽しめるように作ったのが歌舞伎といわれてます。今でいうと歌舞伎はクラシックに対するロックのようなもの。

 

もし私の名前に「歌」や「伎」という字が入っていたら歌舞伎を選んでいたかもしれません。

他、振袖の帯結びは長年習い続けています。乗馬や最近ではカナヅチ克服のため水泳なども始めました。
何事も難しいことほど楽しいです。
着縁 小田嶋 舞
 

ログイン