• フォントサイズを大きくする
  • デフォルトフォントサイズ
  • フォントサイズを小さく

下町のこだわりの一軒家でお茶教室。 藤崎みりかさん 『Studio Hatch』

Eメール 印刷 PDF

Studio Hatch お茶教室

路面電車が走るのんびりした東京下町の空気。
その線路脇にゆったりとたたずむ古い一軒家 『Studio Hatch』では、コラム「センセイの日々の楽しみ」でも登場されている藤崎みりかさんの「お茶教室」と「料理教室」が開かれています。アートあふれる自由な空間で、カフェでいただけるようなお茶の淹れ方や季節毎の料理を、楽しく そして実践的に学べると女性たちに大好評!

カフェで働きながら、好きな紅茶やその他のさまざまなドリンクとお料理の組み合わせについて研究を重ねたすえに、ついにお教室をを開催するまでになったんですって。今日は藤崎さんのスペシャルなお茶教室をのぞいてみましょう。


コラムボタン 教室紹介ボタン 写真 ボタン


Studio Hatchスタジオに入ると、まず真っ先に視界に入ってくるのはおおきくてレトロなドイツ製の印刷機!ここはかつて藤崎さんのおじいさまとおばあさまが印刷業を営みながら、暮らしていたお家なのだそう。
築60年以上経っている一軒家を、アート好きの藤崎さん夫婦2人でリノベーションしました。居住スペースだったところには、実用的なキッチンに、工場だったスペースにはコンクリートを敷いて貸しアトリエになりました。そして、1年半ほど前にこの自宅兼スタジオ『Studio Hatch』で「お料理教室」と「お茶教室」がスタートしました。

シンプルな白を基調とするスタジオ内には、旦那さまのアートワークもあちこちに置かれています。空間に光るセンスは、インテリア雑誌等にも取り上げられるほどなんですよ。

 

Studio Hatch


さぁ、スタジオではレッスンが始まりました。

お茶教室は全8回で、紅茶の基礎知識から日本茶・中国茶も学びます。今回取材させていただいたレッスンは、ミルクを使った3種類の飲み物「ミルクティー」「チャイ」「ココア」のレッスンです。



まずは藤崎さんからレシピの説明を聞きましょう。和やかな雰囲気の中、美味しく淹れるポイントやコツを教えてもらいます。
家で淹れると薄くなりがちなミルクティーやチャイは、紅茶の茶葉の種類、ミルクの種類が大切なんですって。家で簡単に作れるマサラチャイの淹れ方、カフェで働いていた藤崎さんならではのココアの淹れ方など、その道のプロだからこそ知っているお話もたくさん聞けました。

藤崎さんの説明が終わった後は、さっそく実習へ取りかかりましょう。ここからは、生徒さんたちだけで作ります。レシピを確認しながら、まずは『ロイヤルミ ルクティー』から。実習中、藤崎さんは基本的に生徒さんたちの動きを遠くから見守っている様子です。このお教室では、実習はなるべく生徒さんたちの自主性 に任せて進めているそうです。

東京 お茶教室



紅茶教室

「以前、私も料理のお教室などいろいろと行ってみましたが、講師の先生のデモンストレーションを見ながらの実習だと、いざ自宅で作ろうと思ってもわからないところがあったりしました。この教室では、そういうことがないように、生徒さんたち中心で進めてもらい、わからないところや質問は、その時そのときに確認してもらいたいと思っているんです」。

この方針は生徒さんからも「実践で作りながらわからないところが出てきたらその場できちんと確認ができるので、とてもよいと思います」と好評で、お教室の魅力の一つとなっています。

もちろん生徒さんが作りながら不安になった点はつかさずフォローの声がけをしたり、さらにおいしく飲むアレンジ方法も丁寧に教えてくれるのです。

お茶が完成したら、まずは試飲をして、その味と香りを確かめます。「時間をかければ、こんなに美味しく作れるんですね」と生徒さんもその美味しさにびっくり。カフェで飲む味が自分でできてしまうんですもの。

紅茶教室 お教室の最後は、生徒さんが一人ひとり好きな1杯を作って、藤崎さんが用意したスイーツと一緒にティータイムです。
みなさんスムーズにお茶を完成させました。

今日のスイーツは、シナモンやナツメグ、キャラウェイシードなど6種類のスパイスが入った香ばしい藤崎さんお手製の「ブラウンシュガーのシフォンケーキ」。ミルク系のお茶ととってもよくあうんです。おいしいケーキに自分で淹れたお茶をあわせて、皆さんの会話も弾みますね。

お教室に通っている生徒さんたちは、20代~40代が中心で、ご自分でネットなどで調べた人や、お友達のクチコミで来た人など様々。
こちらのお教室の魅力は「先生の雰囲気の良さ」だとみなさん口をそろえます。時にはお姉さんのような存在、時には昔からの友達のような、そんな藤崎さんの親しみやすさは大きな特徴です。

「忙しく勤めていたカフェはやりがいもあり、その“スピード感”も楽しかったのですが、ゆっくりとした時間の中で料理やお菓子に向きあいたいと思い、教室をはじめました」という藤崎先生がプロデュースするすてきな空間。生徒さんを見ていると、こちらで過ごす時間を本当に寛ぎながら楽しんでいるのがよくわかりました。あなたもStudio Hatchでの時間を通じて、お家で過ごすお茶時間をさらに充実させてみてはいかがですか?

text: Taeko Takasuga / photo: tobo



最終更新 2013年 12月 03日(火曜日) 17:17  

ログイン

おすすめリンク
All About スタイルストア